国内格安航空券で旅行した時の思い出

格安航空券は空いている時間帯が安いので時間は自由に選べない

/ 格安航空券・LCC

そもそも世の中の仕組みで、やすいものにはわけがあるといわれていますがやはり格安航空券にもわけがあります。
とはいっても、格安のイチゴや格安のリンゴなどように形が崩れていたり一部悪くなっていたりするのとは異なりしっかりとしたシートになっています。
格安だからといって操縦がいい加減だったり飛行機が墜落しやすいわけでもありません。
そうではなく、自由に選ぶことができない点で不便なわけです。
例えば、国内旅行の平日の朝一番の飛行には多くの人が乗ります。
午前中に移動したい人が多いため、午前中の方が午後よりもこんでいる傾向が見受けられるでしょう。
ところが国内になると、夕方以降に出発する便はそこまで人が乗っていません。
地方から東京に向かう便や地方から大阪に向かう便はそうでもありませんが、東京発や大阪発の日夕方以降の飛行機はあまり利用がないわけです。
そもそもその時間帯に飛行機に乗る人は、前日に出張のため現地に向かう人や地方から東京に出張して帰る人になります。
そのため、飛行機は比較的あいていることが多く飛行機会社としても空気を郵送するよりは少しでも格安にチケットを販売して誰かに乗ってもらった方がよいく考えています。
飛行機は百人載せても200人を載せても大して変るものではありません。

飛行機が好きで格安航空券を利用して国内旅行へ | 格安航空券は空いている時間帯が安いので時間は自由に選べない | 飛行場から旅行の目的地への移動に時間がかかる